自作ツール
置き場


・トップページ

Aviutl関係
・マニュアル24fps
・HD_Lanczos
・透過性ロゴ補助
・ジャンプ&ゴー


WIN32
・tscheck(GUI)


リンク(配布元)
・AviUtlのお部屋
(↑AviUtl)
・MakKi's SoftWare
(↑透過性ロゴ)


[WIN32] tscheck(GUI)  Ver 0.1.0.1
tsselectを参考に作った、TS_PACKETの検査ツール。
※1パケット188byteのみの対応です。

[機能]

tsselectの機能はそのまま継承して、WINDOWS初心者or熟練者でも使いやすくした物+αです。
事前の難しい作業は一切不要で、検査したいファイルをドロップするだけで検査内容をテキストファイルで確認できます。

全てのPID(一部除く)のドロップ、エラー、スクランブルの有無を検査。
独自機能として、PCRを常にチェックし、dropが発生した場合、100/1秒単位で発生箇所を知る事可能。(±1秒以内の誤差あり)
(通常、MPEG2またはAACに使用される、PID 0x100~0x1FFのみ)
※ドロップの発生場所は、[DropReport]としてログファイル内の最後の部分に追記されます。

[制限]

途中でチャンネルを切り替えたようなTSファイルには対応していません。(そこまで検査してたら、処理が遅くなる為)

[使い方]

EXE自体に、TSファイルをドロップしてください。(複数ドロップ可能)
TSファイルと同一ディレクトリに、「ドロップしたTSファイル名+.log」と言うtextファイルを作成して勝手に終了します。
(終了時、MessageBeep有り。音量注意)

※熟練者で、コマンドラインから使いたい場合は、tscheck.exe "hoge1.ts" "hoge2.ts" という感じ。(パラメーターは不要)

[注意点]

本アプリケーションは、チェック時に表示されるウィンドウ位置を記憶させるために、以下のレジストリにキーを作成します。
HKEY_CURRENT_USER\Software\TsCheck\

このアプリケーションを削除する場合(気になる方は)、上記のレジストリキーも併せて削除しておくとすっきりします。

[ダウンロード]

※全てのアプリケーションについて再配布はご遠慮願います!
ここで配布するアプリケーションは全てフリーウェアです。
このアプリケーションによって被ったいかなる損害に対しても、作者は責任を負いません。
上記に同意した方のみ、ダウンロードして下さい。

作者本人が十分に使用した後配布しておりますが、不具合等があった場合はご了承下さい。

※作者本人が十分にテスト出来ない特別な理由がある場合、その旨を告知した上で配布している場合があります。
(その場合は、必ず[ダウンロード]項目内に、注意を催す告知があります!!)

※ファイルへの直リンクはご遠慮願います!!(あえて緩いチェックにしてますが、発覚後には必ず厳しい対処をします)

tscheck.zip(tscheck.exe 43,104byte)[tscheck.exe 90,112byte]